ブログBLOG

【光触媒LIFE】

抗ウイルス・抗菌・抗カビ・抗臭商品・サービスのご紹介

光触媒のメカニズム

【POINT】
可視光応答型(LED・蛍光灯etc)浮遊吸着・接触で分解

「光触媒」という言葉を聞いたことはありませんか?一番身近なものだと緑色植物の光合成のことで、これも一種の光触媒反応です。光触媒とは「二酸化チタン」を主成分としたコーティング剤のことで、床や壁などのさまざまな箇所の表面に塗布します。そこに「光」が当たると酸化還元反応がおこり、有害な物質を無害化して空気の浄化やコーティング面の汚れ防止効果を発揮する技術です。

他社との差別化・6大POINT

①高い可視光応答力! 
~550ナノメートルまで効果を発揮~
②確かなエビデンス! 
~さまざまなエビデンスデータを提供~
③30回洗濯しても70%成分残る! 
~洗濯試験~
④摩耗に強い! 
~テーバー摩耗試験~(※)
⑤暗所でも効果を発揮! 
~明所暗所抗菌実験比較~
⑥確かな施工方法! 
~豊富な液剤ラインナップ。他社は1剤だけ~

※サンプルの表面の耐摩擦・耐摩耗性を確認する実験

光触媒コーティングの4大効果

世界最高品質「4つの“抗の力”」

①抗ウイルス
ウィルス繁殖の素であるタンパク質を分離分解し(※)99.99%以上の力価低下を実証。
※生物研究所での実証実験にて300万個のウイルスが18時間後に50個以下に減少
②抗菌
光にコーティング剤の触媒が反応。強い酸化分解により、菌の生息条件をなくします。
③抗カビ
光触媒の強い酸化分解によりカビの生息環境をなくします。
④抗臭
臭いの素となる菌やタバコ煙などの有機化合物を酸化分解し、嫌な臭いを減退。

持続効果は約5~10年間相当
建物の抗菌力を強化する施工のため、1回の実施で効果が長期間持続します。常に消毒を繰り返す必要はなく、事前に施設全体(人が接触するすべてのもの)にコーティングを施すことでウイルスや細菌を無害化し、接触感染リスクを最大限軽減!除菌疲れの従業員の改善に繋がります。

液体の差別化(エビデンス・歴史)

●安全データーシート(SDS)
●TPX-HL:ガラストルエン
●TPX-HL:タイル抗菌試験
●TPX-HL:ガラス窒素酸化物試験
●TPX-HL:ポリエステル繊維アセトアルデヒド
●TPX-HL:セラミックタイルホルムアルデヒド
●HL(シューズ内)明所暗所抗菌試験
●HL(プラスチック基材)明所暗所抗菌試験
●HL(名称C)明所暗所抗菌試験
●HL抗菌暗所条件(2000)
●急性経口毒性試験
●洗濯試験
●耐候性試験
●鳥インフルエンザ試験報告書
●皮膚一次性刺激性試験
●復帰突然変異試験

どんなウィルスに効くの?

【POINT】
ウイルスのたんぱく質を分解することにより生存できなくなります。

ウイルスは大きく分けて2種類います。

【エンベロープウイルス】
エンベロープ(油膜成分)のあるウイルス
※代表的なエンベロープウイルス
コロナ/インフルエンザ/ヘルペス/風疹/B型やC型肝炎/エイズ/エボラ など

●コロナウィルスの構造
コロナウィルスは外側の殻(油膜成分)と中身の遺伝情報(タンパク質)でできています。

【ノンエンベロープウイルス】
エンベロープのないウイルス
※代表的なノンエンベロープウィルス
ノロウイルス/大腸菌/アデノウイルス/A型肝炎/ポリオウイルス/コクサッキーウイルス など

●ノンエンベロープウィルス
殻がなく、遺伝情報のみで構成されています。ウイルス自体の生命力が強いため、アルコールなどでは殺菌されにくいのが特徴です。

光触媒、コロナウィルス不活性化が公開…数々の研究発表

洗濯しても効果が持続

暗所でも効果を発揮

試験結果
●試料:TPX-HL(blocKINの原液)
●試験結果:大腸菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌を用いて下記4条件で数値を測定。
①明条件:【光触媒加工】【未加工品】
②暗条件:【光触媒加工】【未加工品】

暗条件においても、光触媒による菌の不活性化を測定。

水と酸化チタンのみ…

【POINT】
有機系バインダーなしで膜を成形・固結能力

【一般的な光触媒塗料】
有機系バインダーが含まれており、時間の経過とともにそのバインダーも光触媒反応で分解されてしまいます。結果として膜が自己劣化を起こし、徐々に剥離してしまうのです。

【光触媒コーティング】
水とナノレベルの酸化チタンのみで構成しており、乾燥後は酸化チタン成分のみの光触媒膜となります。そのため従来品と比べ自己劣化を起こさないほか、特許取得の結晶構造で光触媒活性が高く、長期間の効果が期待できます。

他社との差別化 エビデンス・品質

光触媒の中には性能・効果がまったく違うがなぜ…?

酸化チタンは通常、水の中に溶けない物質です。独自の製法でそれを水溶剤化し、噴霧できる状態にまで製造加工しております。
酸化チタンの可視化ゾルを製造できる企業は、日本光触媒センター(株)を含めて世界で数社だけです。

製品ラインナップのご紹介

基材ごとに適切な液剤を使用して施工できるのは光触媒LIFEだけ。
実は、光触媒材のみではコーティング層ができない場所が多数あります。

営業ツール・経験実績 ATP実演プレゼン

●厨房は保健所衛生管理の義務化により、次亜塩素などの液剤によって洗浄度が高い。
●客席などはアルコール除菌剤が主流。また経済的な落ち込みにより、清掃業者ではなく従業員がアルコールにより頻度を多く清掃しています。
●清掃方法が簡易的になったことにより凹凸・弱液なため、十分な感染対策(安全性)が保たれていません。

施工実績に基づいたオリジナルパッケージ化・信用度継続

市場の中で何が必要か?何が安心で何が知りたいか?

●消毒ができているか不安
多くのお客様に来店してもらいたいが消毒作業が大変。
精一杯消毒しているが消毒漏れが心配。

●従業員の負担を軽減したい
消毒作業、除菌作業が大変。従業員にも疲れの色が。退職に繋がらないか心配。

●集客を増やしたい
自粛解除になったけど、客足が戻らない。お客様に安心して来店してもらいたい。

【研修を受けたスタッフによるトータルサービス】
●ATP拭き取り測定器による着前測定・施工後測定(定期測定)DATA化。
●接触感染の可能性がある手で触る場所への光触媒コーティング施工。
●施工証明書・感染対策ステッカー・QR・により『安心』を見える化の支援。

光触媒コーティング(実績例)2020.8~

最後に…

私たちは、光触媒で安全・安心な暮らしに貢献します。